toggle
Aug 12, 2015
症状と治療

冷え性

02cdb79d1b20fa0a20051b0c3ad1bd60

 

 

冷え症とは血行障害、特に抹消血管などの障害により生じることがある。身体全体には寒さを感じないが、四肢など部分的に冷えを感じる事が多い。

冷え性のひとつの原因として、ホルモンの変動とそれに伴う自律神経のバランスが考えられる。特に女性は男性に比べて皮下脂肪が多く、皮下脂肪は熱を通しにくい為、一旦冷えると温まりにくい性質がある。加えて男性に比べて血流の多い筋肉が少ないことも原因とする。

冷え性に伴う慢性的な血行障害が原因で、しもやけ、腰痛、神経痛、肩こり、肌あれなどが起きうる。冷え性は生活習慣病の側面があるため、生活改善することで、予防、改善をすることが可能である。

早寝、早起き。

毎日お風呂に入り、シャワーではなく浴槽に入る。

米、肉、魚、野菜・・・などバランスよく栄養をとる。

マッサージやストレッチ。

クーラーの使用を最小限に留める

水分は渇いた時以外は取らない

以上のことが冷え性の原因と予防、改善となっています。当院でも独自の深層筋治療により冷え性に対してのアプローチを行っていますので、お困りの方はお気軽にご相談ください。

にしいえ整骨院
横浜市磯子区森2-14-2 小川ビル1F
屏風浦駅徒歩4分 / 磯子駅徒歩9分
診療時間:
【平日】9:00~12:00 / 15:00~20:00
【土曜】9:00~12:00 / 14:00~17:00
休診日:日曜日・祝日
関連記事
  • ギックリ腰にご用心!!
    • 腰痛を起こす姿勢
      • 幼児寝違え‼️
        • 足底筋膜炎‼︎
          • 屏風浦の整骨院「にしいえ整骨院」 胸郭出口症候群‼️
            • 冷房病‼︎